エンジニアつらい、辞めたいと思った時に考えて欲しい4つのこと

働き方
スポンサーリンク

 

「君、エンジニア向いてないよね。」

入社すぐに言われた言葉だった。

 

会社帰りに駅のホームで毎日のように涙を流してた時もあった。

 

辛かった。

 

でも、そんなぼくが今ではある分野のスペシャリストになることができた。

 

8年もかかったけどね。

 

エンジニアってきついけど、やりがいがある仕事だと思う。

 

 

でも、ぼくみたいに

  • 君にはこの仕事向いてないよ。
  • 辞めた方がいいんじゃないの??

とか言われてる人に考えてみてほしい。

「そんなの無理」なんて言う奴は無視

できない理由をグダグダと並べてくる奴が多い。ほんと多い。

 

なせ?そんなにできない理由を考えてくるのか?なんでだと思う?

 

・楽だから

答えがあるか分からないこと、ひたすら考えるのってつらいよね。

 

 

・その人が昔担当してたプロジェクトで失敗した仕事をあなたが任されてる。

あなたが成功したら良い気持ちしない。単純に足引っ張りたいだけ。

 

そんなちっぽけな考え方の奴も世の中にはいるからね。

 

 

でもね、できる理由があるならひたすら当たって砕けるべきだ。ぼくはそう思う。

 

時間がかかるかもしれないけど、できる可能性があることは実現できる。

 

できないって理由を並べなければあなたが満足できる結果がついてくる。

 

また、あなたのことを見てくれている人は意外といる。

 

本気で何かを開発している人にはチャンスをくれるもんだよ。

 

だから、ネガティブなこと言う奴には

 

うるせぇ。黙ってろ。

って、無視してりゃいい。

 

一人で全て回す必要はない

組織にはいくらでも人がいるはず。

 

それこそでっかい会社で働いてたら、その道のスペシャリストが沢山いるはずだ。

 

あなたが、全ての問題を一人で解決する必要なんてない。

 

わかる人を探して、プロジェクトに巻き込んじゃえばいい。

 

学校のテストじゃないんだから

カンニングしたっていい。むしろカンニングできる材料を探してきた方が感謝される。

 

 

思い出してみてほしい。大学時代は、過去問集めてきては友達に解いてもらって教わってたりしてたでしょ。

 

ぼくは完全に過去問集め担当だった。

 

無意味な事してたと思ってたけど、意外と情報を得てくる能力って重要。すげー役に立ってる。

 

うん、まじで重要。

 

 

自分は頭が悪いからって思うのは無意味

 

あ~、耳がいたい。まさにぼくがそうだった。

 

  • 頭の悪い大学出身だから…
  • 授業にまともに出席してなかったから…

 

まぁどうでもいい。

 

もうテストや成績なんてどうでもいいんだよ。

 

大学の勉強どの教科書見れば良いかわかれば良い程度。

 

もし、仮にそれも分からなかったらわかる人に聞けばいい。

 

 

良い大学でてても実際に知識が使えない奴多い。

 

大学の時のことなんて全然関係ない。

 

 

やり方さえわかればエクセルとか数値計算ソフトに突っ込んでけば良い。

 

 

結果が出せれば、カンニングだって道具を使ったってなんでも良いわけ。

 

 

できない人なんていない。自分であとは決めるだけ

自分で もうだめ、むり。って思ったらやめちゃえばいいと思う。

 

だけどね、

 

他人に言われて辞めるのだけはやめた方がいい。

 

後悔する。

 

あなたに、お前には無理、向いてないなんて言う奴は無視、無視。

 

ほっとけばOK。

考え方を変えるだけで、気持ちが楽になる

って、僕は思う。

 

 

自分でやっぱり向いてないから

やめよって人にもうちょっと頑張って見たほうが良いよなんて全く思わない。

 

 

だけど、人に言われて辛くなってるなら

もう一度この考え方で取り組んでみたらどうだろうか?

 

  1. 「そんなの無理」なんて言う奴は無視
  2. 一人で全て回す必要はない
  3. 自分は頭が悪いからって思うのは無意味
  4. できない人なんていない。自分であとは決めるだけ
タイトルとURLをコピーしました