mochi流 Wrapsol端までカバー法 (失敗しないラプソル貼り方)

share

もち(@dailymochiblog)だよ〜ん!

ラプソル の衝撃吸収フィルム非常に魅力的だよね〜

iphoneのデザインを最大限に生かすためにはこれしか選択肢がない!!と思ってる!

一方で、Amazonのレビューでも数千円も払って上手く貼れずにゴミになった!!

など貼り方が難しいことでも有名

失敗するのが怖くて買えなかったあなた!これを読めば成功間違いなし!

今回は失敗しないWrapsolの貼り方をご紹介するね。

さらに、ただ貼るだけではなく私が今まで何十枚とWrasolを張ってきて考案した裏技“mochi流 Wrapsol 端までカバー法” を紹介しちゃうぜ!

さっとわかるコンテンツ

スポンサーリンク

型抜き

Wrapsolはエッジ部分が非常に剥がれやすい
これを防止するためにフィルム(位置決め部)に加工して行くよ

mochi流 Wrapsol 端までカバー法:Point①
位置決め部を使ってエッジ部の剥がれを防止!

写真の様に切り取るよ。(スピーカー類の穴を塞がない様に写真の部分を切り抜く)

貼り方

ピンセット(又はカッターなど尖ったもの)を使って

②側のエッジ部分を写真の様に1,2cm剥がしておくよ

(ここで写真の様に剥がしておくことで①側をiphoneに貼り付けた後に剥がし易くなる)

mochi流 Wrapsol 端までカバー法:Point②
iphoneに貼り付ける前に②側の端を1,2cm剥しておく!

この時iphoneを綺麗に拭いた後テープを使って拭き取れなかった埃を取り除く

次に①側を剥がしてiphoneに貼り付けて行くよ

事前に剥がしておいた②側エッジ部にピンセットの先を滑らせて入れると簡単にはがせちゃう!

上部を剥がしたら写真の様にエッジ部までwrapsolを貼るよ〜ん

固定方法

そのままだと剥がれやすいからケースをしばらく着用しておくことでしっかり張り付けられるよ

mochi流 Wrapsol 端までカバー法:Point③
Wrapsolを貼り付け後、1日以上ケースを着用してエッジ部の剥がれを防止

オススメはPalmoのケースです。しっかりエッジがカバーできるので非常にオススメ

空気の抜け方

1日後:1日ケースを着用しておけば写真の様にしっかりエッジ部のシールも張り付く

かなり抜けてるね

2日後

3日後:かなりゆっくり抜けている様子

説明書には2mm以下の気泡であれば48時間経てば消えるとあるけど、

まだ全て抜け切ってないね。後数日待つ必要あり!

Wrapsolは何十枚も今までしてきましたが空気は抜け切ります!抜け切るまでしっかり待っててね!

※ここで紹介している方法で失敗する可能性はかなり低くなるけど、
失敗しても責任はおえないからね!自己責任で実施しちゃってくれ!

(追記)
7日後:しっかり空気が抜け切ったよ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フォローする